下取りと買取どちらが得できるのか?

自動車を買い替えようと考えたとき、新車を購入するのに、
ディーラーに行くと下取りを進められる場合が多いです。
場所によっては、査定業者より高い下取り価格を提示しますと言ってくる場合もあります。

 

下取りと言っても、最終的に車を売ることには変わりありません。
査定とは、下取りする車の現在の価格を決めておくことを言いますが、
下取りにするのと、査定業者に売ってしまうのとどちらが良いのでしょうか。

 

基本的には、ディーラーで下取り価格を決めた方が有利だと思われます。
その理由は、ほとんどのディーラーは、系列で中古車販売業者を持っているからです。

 

つまり、ディーラーで下取り価格を決めて中古車販売業者で売る方が、
オークションなどのコストがかからないですみます。

 

また、同一メーカの車の下取りであれば、中古車販売業者で展示しやすいということもあり、
高めの下取り価格を提示することができます。

 

しかし、不利に見える査定業者の方が高い査定価格を提示することもあります。
中古車市場はとても大きいマーケットで、同じ種類の車で同じ年代の車であれば、値段は同じになります。

 

価格の差は、それぞれの車両の状態によって変わるくらいで、それほど大きな差はありません。
しかし、人気のある車は、それぞれの査定業者で取り合いになるので、
結果的には値段が上がっていくことになります。

 

ただし、これは人気の車に限ることはので、下取りが必ず有利とは限りません。
現在は、一括査定サイトというのがあるので、それを利用すれば、
自分の車を高値で買い取ってくれる業者が見つかると思います。

 

得をしたければ、一括査定サイトを利用して、一番高く買ってくれる業者を探すのが良いと思います。

車を最高額で買取してもらう秘訣を知っていますか?