車を高く売る方法まとめ

これまで大事に乗ってきた愛車を査定に出す場合、中古車買取業者はまず、
その車の車種、年代、走行距離を基準に買い取り価格を算定するものです。

 

もちろん、これらのことは、査定に出す側には健康仕様のない条件です。
特に長年乗っていた車を売却する場合、「古いから仕方ない」と、安い査定価格でも納得して売ってしまいがちですが、実は、たとえ古くても、走行距離が長くても、限られた条件の中で買取価格を高くする余地はあるのです。

 

 実は、車種、年代、走行距離以外にも、その車の整備状態によって、
買取価格が大きく変わってくる可能性があるのです。

 

又、中古車買取業者との交渉次第で、さらに買取価格が変わることもあります。
こちらは、私たちが準備をすればクリアーできるものなので、以下に、そのポイントをいくつか挙げてみます。

 

(1)掃除して、細かな傷まで自分できれいにできるものはきれいにしておきましょう

 

仮に売却予定の車が、ごみだらけで、ろくに洗車もしていない状態だったら、
当然、査定価格も低く抑えられてしまいます。

 

査定に出す前に、とにかく車の中は掃除機をかけて、細かいごみまで拾い、徹底的に清掃し、
外側も洗車してワックスをきれいにかけておきましょう。
又、カー用品店でコンパウンドを購入して、細かな傷は目立たないようにしておくことも、
査定価格を上げるのに有効です。

 

(2)純正品のパーツはきちんと保管しておきましょう

 

 車のパーツを、自分の好みに合わせて市販のものに交換している場合、
純正品のパーツはきちんと保管しておくことがお勧めです。

 

たとえついているのが非純正パーツであっても、一般的には車検に対応しているパーツであれば、
買取査定の時に問題になることはないと考えられますが、
純正品が残っていることで査定価格が大きくアップする可能性が高いのです。

 

もちろん、サスペンションやマフラーのような大きなパーツを保管しておくことは、
場所もとるし大変なのですが、将来の売却を見据えるならば、できるだけ保管しておくのが望ましいのです。

 

(3)査定のために車検に出す必要はありません

 

 次の車検までの残り期間がどれだけあるのか、ということは、
もちろん査定の時に考慮されるポイントの一つです。

 

車検までの期間が長ければ長いほど、査定の時にはこちら側には有利になりますが、
これは長く残っているに越したことはない、位のつもりでいた方が良いです。

 

査定価格を上げようとわざわざ急いで車検に出すとしても、車検代もかかりますし、
その割に査定価格が上がらない、という結果になる可能性も少なくないからです。

 

(4)日頃のメインテナンスが大事です

 

 車検に出すよりもコストがかからず、査定額を上げることができるのは、
日頃のケアがきちんとできていることをアピールすることです。
オイルやエレメントの高官は、日頃からきちんと行っいましょう。
もちろん査定前に交換しておくことも必要です。

 

(5)査定は必ず複数の業者に依頼することが大事です

 

1社にしか査定を依頼しないのであれば、先方の言い値で売却することになりがちです。
だから安く買いたたかれないためにも、複数の業者に見積依頼をすることが必要になってきます。
同じ車種で同じ年代であっても、実際には業者によって査定価格が大きく変わってくる場合があるので、
有利な条件で売却できる業者を探しましょう。

 

 といっても自分の足で探して信頼できそうな業者を複数見つけるのは、
実際には手間がかかりすぎて難しいでしょう。

 

そんな時はインターネットの中古車一括査定サイトを利用すれば、
貴方の車の買取を希望する複数の業者からの見積もりが依頼できます。

 

一括査定サイトもいくつかありますが、その中で、ズバット車査定は、サイト独自の基準を満たし、
審査に合格した業者のみが登録しているので、安心して見積もり依頼できるのでお勧めです。

 

(6)買取希望価格を業者に聞かれても、絶対に言ってはいけません

 

買取業者はよく、「いくら位での買取を希望しますか?」という事を聞いてきます。
これは基本的な買取交渉の際のテクニックの一つで、もし、
あなたの言った価格が業者の想定よりも低ければ、その価格で買い取るために聞いているのです。

 

だから、もし、業者にその手の質問をされたら、「いちばん高いところに売却する予定です」とでも答えておいて、相手の誘導に乗らないようにしましょう。

車を最高額で買取してもらう秘訣を知っていますか?