業者はあなたの車のどこをチェックするか?(車内)

車査定の際、業者が必ずチェックする箇所にはどのようなことがあるのでしょうか?

 

まず、業者は、車の外側と内装をしっかりと目視した上で総合的な判断をし、車の買取価格を決定します。
しかし、車のどの部分を重視するか、買い取り業者によっても異なります。

 

自分でメンテナンスできる部分については、できるだけやってみましょう。
車内の掃除や整理整頓をしっかり行うことで、買い取り価格を少しでもアップしてもらいたいものです。

 

ではいったい、どこを見ればよいのか?具体的に紹介していきましょう。

 

走行距離は短いほどよい

 

走行距離は変えることができないので、そのままの状態を見てもらうことになります。
走行距離が短いほど、査定額がアップするのは当然といえます。

 

シートや天井はどのような状態か

 

シートや天井が汚れていると、買取価格が下がってしまうことがあります。
煙草の焦げ跡などは、手の加えようがありませんが、 砂や泥など、
自分でも清掃できるような場合は、きれいにしておきましょう。

 

内装と内張りはどのような状態か

 

シートや天井など、内装や内張りの状態が悪いと、買取価格は下がります。
査定の前に、拭き掃除をしてきれいにしましょう。

 

装備はしっかり作動するか

 

カーナビゲーション、スピーカー、パワーステアリング、パワーウィンドウのような、
購入当初から車に付属しているものがしっかりと作動するかを確認します。
調子が悪くても、修理をするほどのことではありませんが、やはり、買い取り価格は下がります。
そのことは理解しておきましょう。

 

トランクルームはどのような状態か

 

トランクルームも、きれいか汚いかは、査定の対象になります。
トランクルーム内に物が置きっ放しになっている、
ならば、査定の前にすべて取り出しておきましょう。
トランクルームの歪みは、追突などの事故歴の証しでもあり、当然、査定額ダウンの対象となります。

 

車内に、においがあるか

 

煙草やペットのにおいも、買取価格を下げる原因になります。
においがあると感じたら、しっかりと換気をし、消臭剤をまいておきましょう。

 

エンジンルームはどのような状態か

 

エンジンルームの状態は、買い取り価格を決定する重要な部分です。

 

エンジン、そしてタイミングベルトが摩擦によってすり減っていないか?

 

冷却水の分量やオイルはどのような状態か、も同様です。
オイルが汚くなっていたり、冷却水が足りなかったりすると、
ふだんからメンテナンスが行き届いていないと判断されます。
定期的な充填や交換が必要です。

車を最高額で買取してもらう秘訣を知っていますか?